TSI BRAND INTERVIEW 「Jack Bunny!!」 ②

2018.08.06

注目のブランドに迫るこのコーナー。今月の"it"ブランドは、㈱TSIグルーヴアンドスポーツの「ジャックバニー」です。ブランド5周年を迎え、好調な進捗を見せるブランド力の背景についてインタビューしました。

― ゴルフマーケットの裾野を広げる ―

| 直営と卸のバランス作り
 卸を強化するタイミングでまず着手したことは、新規アカウントの獲得です。やみくもに出店するのではなく、ショップインショップ(SIS)を持つゴルフ専門店を拡大することにより、ブランド認知と売上を高めていく施策です。お客様がJBのイメージを体感できることは、大きなメリットです。とある大型専門店においては、店内で一番良い場所にコーナーを設置頂くことを交渉し、売上が飛躍的に伸長しました。
 次なるステップに向けては「エリア政策」を図りました。各都市で一番パワーを持つ専門店とグリップし、着実に売上を伸ばしていく施策です。直近2年間の取り組みで、全都道府県でのJB展開が実現しました。裾野を広げつつも、SISで収益を確実化するバランスも生まれています。そして商品面においても、各アカウントの売れ筋を事前にリサーチし、まとまった発注量を確保することで、価格を抑える努力が叶ってきました。スケールメリットを生かせる卸の利点を有効に、今後もお客様のニーズに応えながら、専門店の力にもなれるブランドであり続けたいです。



| JBを支える好調なアクセサリー
アクセサリー(AC)の構成比は約38%と高く、直近の1年間では6.8%も伸長するなど、JBの売上を大きく牽引しています。その要因は大きく3つあります。1つはオールシーズン使用できる定番商品を補完したことです。シンプルなトートバッグやカートバッグなど買いやすいアイテムを強化し、機会ロスを低減しました。2つ目は「ドラえもん」コラボ商材のヒットです。キャンペーンを実施した昨夏は、7~8月度のACの売上構成比が50%を超え、ヘッドカバーやマーカーでヒット品番が生まれました。そして3つ目は女性のお客様にフックする仕掛けです。私自身がゴルフをすることもあり、プレイシーンで映えるデザインや必要と感じたものを具現化しています。
 女子目線も大切ですが、JBとしての共通項は「安くて、かわいくて、使いやすい」商品を提供することです。販路やお客様のニーズに応えられるよう、営業担当と密にコミュニケーションをとってバランスをとっています。今後もAC担当としてヒット品番を生み出し、売上シェアを高めながらJBファンを増やしていきたいですね。


TSI BRAND INTERVIEW 「Jack Bunny!!」
>>>

 

ジャックバニー

COMPANY

(株)TSIグルーヴアンドスポーツTEL.03-6748-0092