インタビュー 「スケートボードを起点に新たな価値」

2022.05.05

注目のブランドに迫るこのコーナー。今月の"it"ブランドは「HUF (ハフ)」です。日本で初開催された『X Games』への参加を終えて、今後に向けての目標などをインタビューしました。

|『X Games』に初参加
 世界最大のアクションスポーツの国際競技会『X Games』が日本に初上陸し、4月22日から24日まで千葉・ZOZOマリンスタジアムで「X Games Chiba 2022 Presented by Yogibo」が開催されました。「ハフ」はシルバースポンサーとして参加。スタッフユニフォームや選手に提供するウエアでコラボレーションしたほか、会場で販売するオフィシャルグッズなどで大会をサポートしました。大会も大盛況で限定アイテムは完売するなど、オフィシャルグッズ以外のインライン商品も販売を強化したことで、多くの方に「ハフ」へ興味を持って頂き、ブランドを知るきっかけにつながったと感じています。また、バッグからスケートデッキに至るまでの商品ラインナップやバリエーションの深さにも触れて頂いたかと思います。

| スケートボードから発信するカルチャー
 「ハフ」のルーツであるスケートボードを通じて大会に参加できたことは、ブランドをはじめスケートボード業界においても大変意義のある機会でした。スケートボードという共通言語がハブとなり、これまでも数多くのアーティストやミュージシャン、フォトグラファーなどあらゆるクリエイションの垣根を超えてコラボレーションしてきましたが、今大会を通じてお互いを高め合うという意義も改めて実感することができました。ブランドのパーパスでもあり、今後もその軸をブラさずに、スケートボード、ライフスタイル、ファッションコミュニティを通じて、市場へさらなる新しい価値を提供し続けながら、ブランド力を高めていきたいと考えています。

| 新たな価値を創出していく
 「ハフ」の創設者であり、プロスケーターの故キース・ハフナゲル氏のレガシーでもありますが、若いスケーターやアーティストの才能を育てる環境作りも手掛けていきたいと考えています。海外から比べると、日本はまだ発展途上です。そういった部分を少しでもサポートし、コミュニティやシーンへの還元を行なうこともブランドの役割だと思います。従来のプロダクト中心から、体験やライフスタイルにフォーカスした新たな価値を創出し、それをビジネスとしてもサイクル化していくことが、今後におけるブランドや自身の使命だと考えています。
 そしてシンプルに「ハフ」が好きである気持ちを大切に、コミュニティのメンバーと今までにないアイデアやカルチャーを生み出しながら、ブランドと共に成長していきたいです。




RECOMMEND

ハフ

COMPANY

(株)ジャックTEL.0548-24-1250