型破りパーリーゲイツ30年「らしさ残し、新分野に挑戦」(繊研新聞)

2019.07.25



「DCブランドが隆盛を極めたころの、旧サンエー・インターナショナルの雰囲気をずっと持ち続けている」--TSIホールディングスの三宅正彦会長がこう話すように、「パーリーゲイツ」の勢いを生んでいるもう一つの側面は、ブランドに関わる"人"そのものだ。事業部のメンバーは明るく、テンションが高く、パワフル。オフィスや展示会場にはポジティブな空気が漂い、面白いこと・楽しいこと・自分たちのやりたいことを追求し、実現する良い循環を作り出している。

※紙面はこちらからご覧ください。