トレジャーデータカスタマーアワード「Marketing部門賞」を受賞

2022.12.27

当社はトレジャーデータ株式会社(東京都千代田区 代表取締役社長 三浦 喬)が開催する「トレジャーデータ カスタマー アワード」で、「Marketing部門賞」を受賞しました。
本アワードは、トレジャーデータ株式会社が提供する「Treasure Data CDP」の導入企業を対象に、データを利活用し、先進的な取り組みを行うことでデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する企業を表彰する制度です。

受賞理由
広告・WEB接客・CRMと、スピーディに多チャネルで「Treasure Data CDP」を活用し、機械学習モデルを用いることで、大幅なROAS・CVR向上、さらには工数削減において成果を創出しました。
加えて、CDP活用を推進するための社内人材育成を通じ、PDCAの高速化に取り組んだ点が評価され、受賞する運びとなりました。

今後もCDPを活かすことで新しいエンターテインメントを創出し、お客様に新しい価値を提案していきたいと考えています。

デジタルビジネスディビジョンデータマネジメント課 竹山さんのコメント
広告での活用促進、MA領域での本格活用を目標にメンバーの頑張りとTD様のご支援もあり、受賞できました。
引き続き、活用促進を図り、会社に 貢献出来ればと存じます。


CDPとは
カスタマーデータプラットフォーム(Customer Data Platform)のことを指します。自社が持つ顧客データを収集・統合するためのデータ基盤です。


トレジャーデータカスタマーアワードについて
「Treasure Data CDP」を導入活用する企業・組織を対象とした表彰制度です。「Treasure Data CDP」は、顧客データを収集、統合、分析し、様々なツールやシステムに連携することで、顧客を深く理解し、顧客体験(CX)を向上させることができます。その過程で必要な技術・知識は多岐にわたり、それらの事例やスキルをお持ちの方々を、マーケティング・エンジニアリング・デジタルトランスフォーメーションに造詣の深い有識者、そして実際に「Treasure Data CDP」を活用されている他ユーザーが審査し、様々な取り組みを表彰いたします。トレジャーデータは本アワードを通じ、CDP活用および顧客体験向上の発展を支援していきます。

トレジャーデータ株式会社についてはこちらをご覧ください>>>