TSI ホールディングス、アリババクラウド、JP GAMES、次世代ファッションブランド 体験実現のため、メタバース空間及びサービス構築に向けた共同プロジェクト開始

2022.09.20

当社は、アリババグループのデジタルテクノロジーとインテリジェンスの中枢であるアリババクラウドと、インターネット上に構築される3次元仮想空間「メタバース」の分野で、ゲーム開発スタジオのJP GAMES株式会社(以下、JP GAMES)の三社で技術提携、共同プロジェクトを開始することを発表しました。

今後、当社はアリババクラウドが有する最新技術とJP GAMESのメタバース空間構築技術を活用し、デジタルワールドにてお客様に新たなブランド体験を提供し、デジタルとリアルが融合する新たなものづくりの仕組みを共同で開発していきます。

アリババクラウドの高い拡張性と安全性を備えたグローバルインフラストラクチャネットワークとJP GAMES社が持つメタバース空間構築技術フレーム「PEGASUS WORLD KIT」を活用することで、当社のお客様に、これまでにないインタラクティブなブランド体験をお届けできるようになります。

具体的には、JP GAMESが提供するメタバース空間上で当社が運営する多様なブランドによる、これまでとは一線を画すエンターテインメントコンテンツの展開を検討しており、仮想空間ならではの新たなブランド体験をご提供が可能になると考えられます。

JP GAMESは、「ファイナルファンタジーXV」でディレクターを務めた田畑 端氏が立ち上げたゲーム開発スタジオです。2021年6月に世界初パラリンピック公式ゲーム「The Pegasus Dream Tour」を配信し、仮想空間におけるユーザーである「アバター」がパラリンピックを体験できるオンライン仮想街「ペガサスシティ」を提供しました。

また、JP GAMESが開発するメタバース構築フレームワークPEGASUS WORLD KITはANA NEO株式会社が開発および運営を進めるバーチャルトラベルプラットフォームにおいて導入されております。

アリババクラウドは、アリババグループのビジネスを支えるITインフラとして2009年に設立され、2016年より日本国内に開設されたデータセンターを通じて、日本のお客様にクラウド基盤・サービスを提供してまいりました。

アリババグループの「天猫ダブルイレブン・グローバルショッピングフェスティバル」(通称:独身の日)において最大秒間58.3万件の注文数をダウンタイムゼロで処理する能力に代表されるアリババクラウドは、数多くのユーザーが同時に接続し複雑な処理を実行し、かつ弾力性のあるコンピュータ処理能力が求められるオンラインゲームのインフラとして多数採用されています。

アリババクラウド・ジャパン・カントリーマネージャー ユニーク・ソン(Unique Song)氏は次のように述べています。
「このたび、TSIホールディングス様の次世代ファッションブランド体験のためのメタバース空間構築支援のプロジェクトをご支援させていただけることを大変嬉しく思います。JP GAMES様の最先端のメタバース空間構築技術を活用することで、TSIホールディングス様のお客様が、これまでにない新しいブランド体験、より楽しいショッピング体験が可能になると確信しています。また、アリババクラウドはJP GAME様と共同で開発するソリューションを通じて新たな価値を提供し、お客様が3次元仮想空間での新たなビジネス機会を得られるよう支援してまいります。」

JP GAMES 株式会社 代表取締役の田畑 端氏は次のように述べています。 「ロールプレイングゲームの技術とノウハウから作ったPegasus World Kitが、TSIホールディングス様の目指す新しい体験の構築に活用されることになり、大変嬉しく思います。そしてその新しいソリューションを、先端的クラウドシステムを日々進化させているアリババクラウド様と共同開発できることに、とてもワクワクしています。お客様に価値ある新体験を提供できることを楽しみにしています。」

株式会社TSIホールディングス 代表取締役社長 下地 毅は次のように述べています。 「今回、アリババクラウド様、JP GAMES様と協業し、ファッションとデジタルエンターテインメントの融合を推進してまいります。当社は商品企画や販促などにおいて3D技術を取り入れるなどデジタルへの取り組みを進めておりますが、メタバース空間での次世代ファッション環境の実現は従来のプロダクト提供だけではない、新たな価値の創出の第一歩になると確信しています。多種多様なブランドを運営する当社にとって、それは単一的なサービスに留まらず、生活や文化の醸成やエンターテインメントの創出、世界中の人々の共感の獲得などリアルを超える体験になると考えます。アリババクラウド×JPGAMES×TSIホールディングスの知見の組み合わせが必ずや未来に向けた新しい市場、新しい経済、新しいコミュニケーションの可能性を生み出してくれるものと期待しています。」

アリババクラウドについて
2009年に設立されたアリババクラウドは (www.alibabacloud.com)、アリババグループのデジタルテクノロジーとインテリジェンスの中枢です。アリババクラウドは、エラスティックコンピューティング、データベース、ストレージ、ネットワーク仮想化サービス、大規模コンピューティング、セキュリティ、管理およびアプリケーションサービス、ビッグデータ分析、機械学習プラットフォーム、IoTサービスなど、あらゆるクラウドサービスを世界中のお客様に提供しています。IDCの調査でアリババクラウドは2018年以降、Infrastructure as a Service(IaaS)分野で世界3位のサービスプロバイダーに認定されています。また、ガートナーには、アリババクラウドは2018年以降、売上高で世界3位、アジア太平洋地域で1位のIaaSプロバイダーとして認定されています。

JP GAMESについて
元スクウェア・エニックス・グループでファイナルファンタジーXVのディレクター田畑端が立ち上げたゲーム開発スタジオです。「RPGを進化させ、ゲームの力で未来を豊かにする」をコンセプトに、従来の枠にとらわれず、新しいゲームの可能性を追求しています。世界初パラリンピック公式ゲーム「The Pegasus Dream Tour」をもとに、メタバース構築フレームワーク「Pegasus World Kit」を開発。ゲーム事業のみならず、メタバース事業も展開しています。公式HP:https://jpgamesinc.com/

Pegasus World Kitについて
Epic GamesのゲームエンジンUnreal Engineを活用した、JP GAMESが開発したメタバース構築フレームワークです。JCBと共同開発する認証システムにより、異なるメタバース同士も繋げられる越境プラットフォーム技術です。ANAの仮想旅行サービス「ANA GlanWhale」にも採用されています。 公式HP: https://www.jpgamesinc.com/news/20210617.html