TSIの3~8月期、プロパー販売推進で不振ブランドが浮上(WWDジャパン)

2019.10.04

 TSIホールディングスの2019年3~8月期は、売上高が前年同期比8.8%増の818億円、営業損益が1億6400万円の赤字(前年同期は1億8600万円の赤字)、純損益が10億円(前年同期は3億6000万円の赤字)だった。昨年10月に買収した上野商会が増収に寄与し、ゴルフウエア販売のキャロウェイアパレル事業の売却(5月)による特別利益10億円で純利益が黒字化した。夏の低気温や長梅雨の影響で夏物販売に苦しんだが、最優先課題として掲げる正価販売強化を推進。在庫の圧縮やセールの抑制で歩留まり率を改善した。

詳しくはWWDジャパンにてご覧ください。