ナノ・ユニバース 春夏秋300日着られるニットトップ(繊研新聞)

2019.01.11



セレクトショップのナノ・ユニバース(東京)は19年春、オリジナル機能アイテムの第3弾「度詰めニット」を投入する。
ニット製品は秋冬に出した抗ピリングに続き、糸段階からメーカーと共同開発。旧編み機と職人技で編み目を詰め、自宅洗濯しても型崩れや縮みが少なく、カットソー並みに頻度高く使えるものに仕上げた。年間300日着られる、セーターとカットソーとの中間の新定番インナーを目指して開発した。

※詳しくは繊研新聞にてご覧ください。