「ハーシェル」創設者が考える、新しい"モダントラベル"というカテゴリー(WWDジャパン)

2019.07.23



カナダ発の「ハーシェル サプライ カンパニー(HERSCHEL SUPPLY CO.以下、ハーシェル)」が「ステューシー(STUSSY)」や「ハフ(HUF)」などを展開するジャックと日本における輸入代理店契約を結び1年半が経つ。それまで日本では、"バッグブランド"としてのイメージが強かったが、本来のコンセプトである"トラベル"を打ち出し奏功。ラゲージやアクセサリー、アパレルなどのラインアップを拡充し、中価格帯のラゲージとして競合と差別化を図っている。米LAで開催するストリートカルチャーの祭典「コンプレックスコン(COMPLEXCON)」への出店や、静岡県富士宮市で開催中の「カウズ:ホリデイ(KAWS:HOLIDAY)」にメインスポンサーとして協賛するなど、ストリートカルチャーのイベントにも積極的に参加する。「カウズ:ホリデイ」の為、来日中だった「ハーシェル」共同創設者、リンドン・コーマック(Lyndon Cormack)にビジネスの展望を聞いた。

※詳しくはWWDジャパンにてご覧ください。

RECOMMEND

ハーシェル サプライ

COMPANY

(株)ジャックTEL.03-6812-9147