インタビュー 「着姿の美しい新たなワークウエアを提案」

2020.12.01

注目のブランドに迫るこのコーナー。今月の"it"ブランドは、㈱サンエー・インターナショナル の「ボッシュ(以下、BS)」です。今年で40周年を迎え、次なるステージに向けたリブランディングについてインタビューしました。

| キャリアマーケットでの40年
 1980年のブランド発足から、今年で40周年を迎えました。キャリアマーケットで長年戦ってきましたが、近年オフィスカジュアルの浸透などワークウエアが多様化し、百貨店における売り場自体も縮小傾向が強まるなど、めまぐるしい時代の変化とともに新たなスタイルが求められています。その中でBSが生き残っていくためには、「絶対的売上高」の確保、ないし「圧倒的な独自性」を明確にしていくほかありません。まずはブランドの独自性を見出し再活性するべく、昨年からリブランディングに向けたプロジェクトを始動しました。


| ビジネスモデルを進化
 ブランドを取り巻く環境をもとに、強み・弱みは何かをチーム全体で出し合い、そして今後の脅威から導き出されるオポチュニティー(機会)を分析していきました。大きくわかったことは売上構成比におけるフリー客の高さ、中でも通勤ニーズの目的買いが多数を占めるという、独自性を持たない真逆の方向に進んでいるということです。それではブランドとしても意義なく、淘汰されてしまいます。その偏重からの脱却を図り、「目的として選ばれるブランド」から、独自性と価値が明確な「ブランドとして選ばれるブランド」へ新生するBSの目指すべき姿、また達成に向けてのマイルストーンを設定し、ショップスタッフに至る全メンバーで共有しています。


| 新たなブランドアイデンティティー
 すべてが分析できた上で、ブランドの理念や価値も再定義しました。40周年を契機に、今まで明確でなかったブランドの価値を明文化する。その発信力を強化することで、ブランドの独自性を鮮明にすることを主眼に、自分たちでブランドの新たなアイデンティティーを設定しました。パンツが主力ゆえマニッシュ・ジェントルの意識が高かったものの、この混沌とする時代においてはリラクシング、コンフォートな要素が求められます。その中でBSとしては、着たときの美しさをあきらめないブランドでありたいというメッセージも含めて、「着姿の美しい服を通して、ここでしか出会えない新しいワークウエアを提案」することを再定義しました。


| 着姿の美しい服に
 今秋は新たな商品開発を行なうとともに、ブランドロゴの刷新や新ライン「フロム」のローンチなど大きく動き出しました。40周年を迎えた今、キャリアという日本独自のマーケット展開において、またコロナ禍も重なったここからは、先にも述べた通りブランドの独自性や価値が問われていく時代です。「NEVERTHELESS BEAUTIFUL( それでも、着姿は、あきらめない。)」というブランドメッセージに込めて、BSはクリーンで洗練されたワークウエアのブランドとして、働く女性を、新しい自分たち独自の形でサポートし続けていきたいと考えています。







RECOMMEND

ボッシュ

COMPANY

(株)サンエー・インターナショナル TEL.03-6748-0336